メンズファッションや小物などおしゃれや面白い情報をキャッチして今人気の話題を取り入れましょう!
ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】

2017年07月23日

カフェインが動脈を拡げて血流の流れを良くし、男性器の勃起を手助けするらしい、またコーヒーが好きな人はストレスに強い?

コーヒー01.jpg

 仕事をはじめる前や、ひと段落ついた時の休憩にコーヒーが欠かせないという人は多いだろう。もちろんコーヒーの効能は仕事面だけではない。時には億劫になる運動に対しても、コーヒーで“ヤル気”を起すことができるという。

■コーヒーを飲むと運動が億劫ではなくなる?

 年明けから早くも2か月が過ぎたが、今年の抱負に運動不足の解消という目標を掲げた向きも少なくないのではないだろうか。しかしお正月太りが話題になる時期を過ぎた今、ちょっとばかりモチベーションが落ちてくることもあるだろう。マラソン大会出場などの目標が設定できれば日頃の運動の励みになるかもしれないが、忙しいビジネスパーソンにはそこまでのスケジュールの余裕がない人も多い。だがそんな向きにも嬉しい研究が先頃発表されている。ついつい億劫になりがちな日々の運動も、コーヒーを飲むと俄然ヤル気が沸き起こってくるというのだ。

 英・ケント大学のスポーツ運動科学部が行なった研究によれば、スポーツの練習計画にコーヒーを有効活用できることが指摘されている。例えば新年の抱負などで、現在よりも運動量を増やそうと心に誓う人は多いのだが、残念ながらそのうちの大部分は6ヵ月以内に挫折してしまうということだ。しかしこの事態を避けるのにカフェインが有効に働くという。コーヒーを飲んでカフェインを摂取することで、「身体を動かすこと=億劫なこと」という認識が薄れてくるというのである。

コーヒー02.jpg

 必要に迫られない運動を億劫と感じることは、なるべく“省エネ”状態を保とうする人体にとってはごく自然であり、我々は本質的に怠惰な存在であるとも言える。しかし英・ケント大学のサミュエル・マルコラ教授によれば、カフェインによって運動が努力を伴うものであるという認識が薄らぎ、むしろ身体を動かしたい気分にもなるという。つまりコーヒーが、エンジンのスターターのような役割を果たすのである。運動に限らず特に寒い時期などは身体を動かすのが面倒に感じられることもあるだろうが、やはりそういう時は一杯のコーヒーがまるで“気付け薬”になることを覚えておいても良さそうだ。

 しかし今回の研究では、コーヒーがスターターになるのは今のところ日頃から運動や肉体労働をしている人々のみに適用されるということで、机に向かう時間が長い人々にも同じような効果を及ぼすかどうかが判明するのは今後の研究次第であるという。しかしコーヒー好きにとっては、運動をするしないに関わらずコーヒーブレイクが気分をリフレッシュしヤル気を復活させてくれるものであることは周知の事実ではないだろうか。仕事に運動にと、様々な局面でコーヒーをうまく活用していきたいものだ。


■コーヒー好きはストレスに強いことが科学的に判明

 このように人をヤル気にさせるなど、コーヒーには様々なポジティブな効能があるのだが、どうしてカフェインがこのような働きを見せるのか、実はこれまであまりよくわかっていなかった。しかし最新の研究によって、コーヒーが身体に影響を及ぼすメカニズムが解明されつつある。その秘密はアデノシンにあるということだ。

 細胞の中にあるアデノシン受容体と体内で分泌される化学物質のアデノシンは、お互いに結びつくことで細胞間の情報伝達を行なっているのだが、その中でも興奮や覚醒状態を制御しているのがアデノシンA2a受容体である。このアデノシンA2a受容体にアデノシンが結びつくことで、平静時の人間はあまり興奮することなく過ごすことができるのだが、アデノシンの代わりにカフェインもこのアデノシンA2a受容体と結びつくことができることがわかってきているのだ。ということは、カフェインを摂取することで普段は抑えられている興奮状態や覚醒状態が遮られることなく身体に現れてくるということになる。これによって血圧が上昇して代謝が促進され、眠気覚ましや疲労感の軽減、計算や記憶の効率化などにつながるのだ。

 ポルトガル、アメリカ、ブラジルの研究者たちが合同で行なった研究では、マウスを使った実験が行なわれている。マウスを2グループに分け、一方のグループには飲み水にカフェインを混ぜて日常的に摂取させ、まさにコーヒー好きの人間のような状態にしたのである。このグループのマウスにカフェインを与え続けて3週間が過ぎた後、両方のグループのマウスを同一条件の劣悪な環境下に置いたという。その環境とは例えば湿った寝床、傾いた床、狭い空間での共同生活、食糧と水の欠乏といった条件だ。マウスにとってみれば突然“ストレス”が襲ってきたことになるが、カフェインを摂取していないグループのマウスは寝場所を移動するなどそれまでの行動様式を変化させた一方、カフェインを摂取していたマウスは特にこれまでと変わった様子を見せなかったという。つまり、カフェインを摂取していたマウスはよりストレスに強くなっていることが確認されたのである。

コーヒー03.jpg

 この研究によって、カフェイン摂取とストレスへの耐性には因果関係があることが証明されたと、ポルトガル・コインブラ大学のロドリゴ・クンハ准教授は主張している。眠気防止や疲労の軽減、頭脳の明晰化のほかにも、クンハ准教授によればカフェインにはうつ的な気分を遠ざける働きもあるということだ。ただし誤解してはいけないのは、カフェインの摂取で本来持っている能力が向上するわけではなく、眠気など能力を低減させる要素を取り除く働きをしているということだ。そしてもちろん、就寝前にはカフェイン摂取を避けるなどの配慮も必要である。

 今回の実験はマウスを使ったものだけだったが、近い将来には人体を使った実験でより詳細なカフェインの“効能”が研究されることになるということだ。コーヒー好きにとっては、1日のカップ数がますます増えてしまいそうな話題が続いている。


■コーヒーを飲んでいる者はEDになり難い

 あらためてコーヒーの素晴らしさを確認させられる話題が続いたが、男性にとってはさらに喜ばしき研究も報告されている。日常的にコーヒーを飲むことは、男性機能の向上、維持に多大な貢献をしているというのである。

 昨年に米・テキサス大学健康科学センター・ヒューストン校の研究チームが実施した調査によれば、日常的にコーヒーを摂取することと、男性器の機能には関係性があることが発見された。コーヒーを愛飲している男性には嬉しい話題ではないだろうか。

 調査で判明したのは、20歳以上の男性で1日に2、3杯以上のコーヒーを飲んでいる者は、まったくコーヒーを飲まない者よりもED(勃起不全)になり難いというということだ。この傾向は体重が重い男性のグループで特に顕著であるという。オーバーウェイト気味の男性はもちろんダイエットを意識すべきであるが、ひとまずはコーヒー(砂糖無し)を飲むことでいろいろな恩恵を受けられることになる。

コーヒー04.jpg

 研究論文の共同執筆者であるワン・ラン博士によれば、実はコーヒーはED治療薬である「バイアグラ」と同じ効能があるという。コーヒーのカフェインが動脈を弛緩させて血流の流れを良くし、男性器の勃起を手助けするということだ。

 もちろんカフェインの摂り過ぎや糖分には注意しなければならないが、コーヒーの効能は仕事から運動、セックスライフにいたるまで日々の生活の中で多岐に及ぶものであったのだ。いろんな局面で“コーヒーブレイク”のちょっとした時間を活用していきたいものだ。





◆ 【早い者勝ち!】 あなたのお名前、まだ残ってる?


◆ 夏ボディに磨きをかけろ メンズエステサロン エルセーヌMEN 【体験予約】






◆ スマートチラシなら初心者でも簡単作成してチラシ集客!

◆ コーディネートの参考にもゼヒ!メンズカジュアルをトータルで販売♪


◆ ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】


◆ デアゴスティーニ・ジャパン ホビー業界初のソーシャルコマースサイト【ホビコム】


◆ 現役女子高生水着グラビアサイト【GENJOSHI】


◆ 諦める必要はありません! 男を磨くメンズ滋養サプリメント【ベクノールEX】


◆ R25やTV番組でも多数取り上げられた、今大注目の合コンセッティングサービス【コンパde恋ぷらん】


◆ 自然な出会いを演出する合コンサービス『いつコン!!』友達・恋人・飲み友、すぐ見つかります♪


◆ 累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム


◆ 日本最大級の合コンセッティングサービス【 Rush (ラッシュ) 】


◆ お客様満足度99.94% 男性のお悩みをかかえている方必見!カリバウアーで解決!









posted by おしゃれなメンズ情報サイト monoGarage at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

『How to 動画あり』【常温のドリンクがあっという間にキンキンに】たった2分でドリンクをキンキンに冷やす方法

ドリンクをキンキンに冷やす01.jpg

今年もいよいよ春の時期に差し掛かってきました。春と言えば、温かくなってきたので海や山、BBQにイベントごとが盛りだくさんです。また5月になれば暑い日もあり冷たいアイスやドリンクも欲しくなる季節ですよね。今回はそんな時期に大活躍する「ドリンクをすぐにキンキンに冷やす方法」をご紹介します。


1. ボウルに水と氷を入れます
ドリンクをキンキンに冷やす02.jpg


2. スプーン2杯分の食塩を入れます
ドリンクをキンキンに冷やす03.jpg


3. 食塩をよく混ぜます
ドリンクをキンキンに冷やす04.jpg


4. 冷やしたい缶やボトルを入れて放置
ドリンクをキンキンに冷やす05.jpg


5. 1分たったらかき混ぜてまた放置

ドリンクをキンキンに冷やす06.jpg


6. 2分たったら取り出して完成
ドリンクをキンキンに冷やす07.jpg

ドリンクをキンキンに冷やす08.jpg

なんと、24℃から一気に5℃まで下がりました!食塩が水に溶ける時に熱エネルギーを使うので、周りのものが一気に冷えるそうです。

動画はこちら








◆ コーディネートの参考にもゼヒ!メンズカジュアルをトータルで販売♪


◆ ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】


◆ デアゴスティーニ・ジャパン ホビー業界初のソーシャルコマースサイト【ホビコム】


◆ 現役女子高生水着グラビアサイト【GENJOSHI】


◆ 諦める必要はありません! 男を磨くメンズ滋養サプリメント【ベクノールEX】


◆ R25やTV番組でも多数取り上げられた、今大注目の合コンセッティングサービス【コンパde恋ぷらん】


◆ 自然な出会いを演出する合コンサービス『いつコン!!』友達・恋人・飲み友、すぐ見つかります♪


◆ 累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム


◆ 日本最大級の合コンセッティングサービス【 Rush (ラッシュ) 】


◆ お客様満足度99.94% 男性のお悩みをかかえている方必見!カリバウアーで解決!









posted by おしゃれなメンズ情報サイト monoGarage at 11:00| 東京 ☀| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒーのカフェインが心臓の健康に効く? ただし砂糖とコーヒーフレッシュには注意を

コーヒー01.jpg

 コーヒーがないと1日が始まらないという人は少なくない。コンビニ各社では、淹れたてコーヒーが主力商品として大成功。コーヒー好きには、恵まれた環境が整っている。

 嗜好性だけではなく、病気のリスクを減らす効果があるという研究結果が出ており、健康効果も注目されているコーヒー。

 先日もAGF社製コーヒーのイベントにおいて、大相撲の横綱・白鵬が10年間継続している<コーヒー・ルーティン>を紹介。取組の2時間前に必ずコーヒーを飲んでいることを明かし、「目、顔つき、脳、考え方、集中力、体の張り、全てにおいていい」と、その魅力を説いている。

 ご存じのとおり、「コーヒーはカフェインを多く含むので胃腸に悪い」と言われることもあったが、コーヒーは健康によいとする研究結果も多く発表されている。

 これまでも、コーヒーを日常的に飲む人のほうが、飲まない人よりも長生きできるという研究結果や、心疾患やパーキンソン病などの神経疾患により早期に死亡するリスクも低くなるという報告はあった。

 今回、報告された新たな知見は、カフェインは心疾患のリスク因子につながる炎症の抑制にも役立つ可能性がある――というものだ。


コーヒーを飲む人のほうが炎症性タンパクを抑える

コーヒー07.jpg

 米スタンフォード大学のDavid Furman氏らの研究で示唆され、論文が『Nature Medicine』(オンライン版)に1月16日掲載された。

 Furman氏らは、成人100人超を対象とした調査で、過去10年間にわたり血液検体を採取して病歴を精査。若者と高齢者の2つのグループに分けて血液検体を比較したところ、高齢者のほうで「活性化」する遺伝子を調べた。

 「IL-1-β」という強力な炎症性タンパクの産生に関わる2つの遺伝子クラスタに着目した結果、高齢者を一方または両方のクラスタの活性化が高い群と低い群に分けた。

 「高活性化」群では12人中9人、「低活性化」群では11人中1人に高血圧があった。高活性化群では動脈硬化の可能性も高く、血液検査ではIL-1-βと核酸代謝産物の値が高かった。

 ここで注目すべきは、低活性化群のほうが、カフェイン入りコーヒーの摂取量が多かったということだ。

 高活性化群の血液にみられた核酸代謝産物を用いて免疫系細胞を培養したところ、IL-1-βが大量に生成された。これをマウスに注射すると、広範囲の炎症と高血圧が生じたという。

 次に、核酸代謝産物とカフェインの両方で免疫細胞を培養すると、カフェインがこれらの炎症誘発物質を阻害することが判明した。

 Furman氏は、「人体にはおそらく、慢性炎症やさまざまな疾患に寄与する経路が数多くある。我々はそのひとつを特定した」と述べている。


砂糖の摂り過ぎと「コーヒーフレッシュ」には注意

コーヒー06.jpg

 またひとつ、新たな健康効果が報告されたコーヒーだが、砂糖の摂り過ぎには注意したい。いくらコーヒーに健康効果があろうとも、砂糖をたっぷり入れてしまうと逆効果になりかない。

 また、コーヒーに入れる「コーヒーフレッシュ」も控えたほうがいい。 保存も簡単で便利このうえないコーヒーフレッシュだが、フレッシュでもなんでもない“なんちゃってミルク”。植物油に水を混ぜ、添加物で白く濁らせ、ミルク風に仕立てたものだ。

コーヒー05.jpg

 欧米の一部の国では全面禁止になっている「トランス脂肪酸」が含まれている。さまざまな加工食品に含まれるトランス脂肪酸は、多くの研究で冠動脈疾患との関連性が指摘され、健康への悪影響が懸念されている。

 *関連記事「知ったら飲めない!? スタバのドリンクに砂糖小さじ25杯分! 分析対象の98%が<レッドカード>」「なぜ、コンビニ“挽きたてコーヒー”にこだわっても、“ミルクもどき”に躊躇しないのか?」

 これまでのさまざまな研究報告などをまとめると、健康に気をつかうなら、コーヒーはブラックか、入れるなら本物のミルクに限るということになるようだ。


★ UCC上島珈琲株式会社 世界のコーヒーを毎月お届け!【UCC通販公式】


★ 自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー





たった5秒で本格コーヒーが味わえるパウダーコーヒー【INICコーヒー】



★ イタリアを代表する2人のマエストロが徹底監修【極上コーヒーセレクション】





コーヒーでメラメラパワーをGET!エクササイズコーヒー



◆ コーディネートの参考にもゼヒ!メンズカジュアルをトータルで販売♪


◆ ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】


◆ デアゴスティーニ・ジャパン ホビー業界初のソーシャルコマースサイト【ホビコム】


◆ 現役女子高生水着グラビアサイト【GENJOSHI】


◆ 諦める必要はありません! 男を磨くメンズ滋養サプリメント【ベクノールEX】


◆ R25やTV番組でも多数取り上げられた、今大注目の合コンセッティングサービス【コンパde恋ぷらん】


◆ 自然な出会いを演出する合コンサービス『いつコン!!』友達・恋人・飲み友、すぐ見つかります♪


◆ 累計会員数480万人を誇る友達作りコミュニティー【エキサイトフレンズ】会員登録プログラム


◆ 日本最大級の合コンセッティングサービス【 Rush (ラッシュ) 】


◆ お客様満足度99.94% 男性のお悩みをかかえている方必見!カリバウアーで解決!










posted by おしゃれなメンズ情報サイト monoGarage at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | フード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする